東大ニート

東大卒のニートが勉強したことをメモするブログ

<Java>コレクションを操作するCollectionsクラスの使い方

前回は配列を操作するArraysクラスについて書いたので、今回はコレクションを操作するCollectionsクラスについて書いてみます。

CollectionsクラスにはArraysクラスとよく似た機能に加え、Collectionsクラス特有のメソッドもあります。「List」「Map」「Set」といったコレクションを使用する時はCollectionsメソッドをうまく利用するようにしましょう。

続きを読む

<Java>配列を操作するArraysクラスの使い方

Javaには配列を扱う上で便利な機能を提供する「Arrays」クラスが提供されています。

配列をソートしたい、配列の要素を検索したいといった場合にはこのArraysクラスを使用します。Arraysクラスのメソッドについて調べたので、まとめておきます。

同様にコレクションを扱う「Collections」クラスもあるので、今度メモしようと思います。

続きを読む

<アルゴリズム>時間計算量

プログラミングコンテストの問題を解いていると、しばしば「TLE」と判定されてしまうことがあります。これは「Time Limit Exceeded」の略で時間制限を超えてしまったということを意味しています。

今回は、実行時間に大きく関係する「時間計算量」についてメモします。

提出する前に、時間制限を超えないか自分で判断できれば、スコアが上がりやすいですもんね。

領域計算量や平均計算量についても今度調べなきゃですが…。

続きを読む

<Java>自作メソッドの定義

少し複雑なプログラムを書く時はmainメソッドの他に、自作のメソッドを定義すると便利です。

mainメソッドに山ほどコードを書いてしまう悲しい状況から脱出するために、メソッドの定義方法をメモします。

続きを読む

<Java>StringBuilderクラスの使い方

今日ある問題を解いていたら、文字列の一部を変更する処理を行いたい場面がありました。このような場合にはStringクラスではなく、StringBuilderクラスが適しているんですね。(StringBufferクラスとの違いについてはまた今度…)

勉強した内容をメモしていきます。

続きを読む

<Java>Listインターフェースの使い方

プログラミングコンテストの問題を解いていたら、動的配列を使いたいなと思う時がありました。普通の配列では要素数を増やせないので、要素数を増やすことができるリストを使ってみました。

今回はListインターフェースの使い方とメソッド、実装クラスについてメモします。

続きを読む

<Java>文字列の比較とプリミティブ型・参照型

if文で文字列の比較を行う時に「==」を使用してしまい、想定している結果にならないということがありました。「equals」メソッドを使えばよかったのですが、忘れないように文字列の比較についてメモします。

続きを読む